よくある質問(商品登録・商品移行) | 商品登録の代行なら|トウロクン 各種モール対応

よくある質問(商品登録・商品移行)

  • 商品ページ(ランディングページ)の制作

    まず指定の画像をデザイン用に加工(背景の白抜きや色の調整など)します。 加工した画像と商品説明を元にデザインを当てはめていきます。 一枚のランディングページが出来上がったら楽天の使用または指示に合わせトリミング、サイズ調整なども行います。
  • 商品登録の納品形式は?

    納品の形式はお客様のご希望に合わせ変更させていただきます。 ・各モールの管理画面で登録完了まで ・CSV・FTPを使用し登録完了まで ・CSV+画像のファイルのみを納品など 上記以外の形式も承っておりますので、ご相談ください。
  • 商品画像(サムネイル)の作成も依頼できますか?

    はい、商品画像の作成も承っております。 商品写真と掲載したい情報をいただき、各モールのガイドラインに沿った加工をいたします。 商品写真が無い場合には、写真撮影のご依頼も可能です。
  • Amazon(アマゾン)ガイドラインの背景画像について

    アマゾンで画像を使用する場合、アマゾンのガイドラインに基づいて背景画像の加工を施す必要があります。 ガイドランに従って行う加工として ・元画像の背景部分を一度全て白抜きにする。 ・一番短い辺を1000px以上に再設定。 ・元画像自体が加工に不向きな場合、インターネット等から元画像と同じで使用可能な画像を取得。 以上のことを用いて修正加工を行っています。
  • 楽天サムネイルの帯と枠について

    楽天において、サムネイルとして使う画像には守らなければならない事があります。 今回はその中の「画像の中で50%を占める長方形オブジェクトの修正」、「画像の枠に線が引かれてあるものの修正」の仕方について説明します。 「画像の中で50%を占める長方形オブジェクトの修正」には ・長方形オブジェクトを選択ツールで選択し、50%を占めないサイズに調整 ・帯となっている長方形オブジェクト部分をすべて切り取り、抜き出したオブジェクト上の文字やロゴは抜き出し再配置 ・元の画像の大半に長方形オブジェクトが使用されている場合は別の画像をウェブ等で取得 「画像の枠に線が引かれてあるものの修正」には ・元画像を拡大し、枠の線の部分が画面外へ押し出し枠が消えるように調整 以上のことで修正加工を行っています。
  • 背景の修正について

    背景の修正は、楽天のガイドラインに基づいて加工を施していきます。 背景の修正において、最初に行う工程パターンは基本的に4つあります。 1.「元画像の背景にパッチ等の加工を施して使用する」 2.「元画像の背景部分を一度全て白抜きにする」 3.「元画像を拡大する事で不必要な部分を除外し、その後加工を行う」 4.「元画像自体が加工に不向きな場合、インターネットから元画像と同じで使用可能な画像を取ってくる」
  • 楽天サムネイルの文字率について

    今年2019年1月1日、楽天市場から「楽天商品画像ガイドライン」という規約が新たに施行されました。 内容としては「テキスト要素占有率21%以上の禁止」「枠線の利用の禁止」「幾何学模様やデジタルパターン、目立たせる目的の奇抜な色の背景色の利用を禁止」の3項目が追加され、この大きな変更に戸惑った方も多いと思います。 今回はこの規約変更の中でもより修正を余儀なくされる、【テキスト要素占有率21%以上の禁止】において我々が実際に取り組み、修正するにあたって便利な情報を共有したいと思います。 まず「テキスト要素占有率21%以上」というのが何を基準として判断すればよいかわからない件について、これはPhotoshopの機能である「グリッド」の使用で解決します。メニューバー左上「編集」→「環境設定」→「ガイド・グリッド・スライス」よりグリッド項目の「グリッド線」の値を「10(%)」に設定することで、正方形の画像であれば丁度10×10のマス目が表示されるようになります。1マス分を1%として考える事ができるので、画像内の文字を20マスの中に収める事ができれば条件をクリアしている事となりま

商品登録 代行メニュー

活用事例・お客様の声

デザイン修正メニュー

通販店舗向けのパソコン教室(オンライン受講)

商品登録代行 キャンペーン

よくある質問

Copyright © 商品登録の代行なら|トウロクン 各種モール対応 All rights reserved.